KEEPAD JAPAN: TurningPoint Audience Response System - TurningPoint Software
header_shadow
Keepad Interactive Japan
English Language
|
Japanese Language
 
TurningPoint 2008
     
クリッカー | 投票ソフトウェア | レスポンスデバイス | レスポンスレシーバ | TurningPointチュートリアル
 
TurningPoint | TurningPoint AnyWhere | TurningPoint Lite | TurningPoint 2008

 

TurningPoint 2008

TurningPoint  

TurningPoint2008は、数多くの受賞歴のあるオーディエンス・レスポンス・ソリューションです。Microsoft PowerPoint®100%アドインソフトウェアなので、様々な環境でご利用いただけます。PowerPointの利用経験があれば簡単にご利用いただけます。

ResponseCard®キーパッド(クリッカー)やResponseWareソフトウェアと併せてご利用いただくと、教員、講師、研修担当者などがMicrosoft® PowerPoint®を使いながらリアルタイムで学生や参加者の評価が行えるワイヤレスな投票システムとなります。次回のプレゼンテーションにTurningPoint2008を導入すれば、参加者の特定と理解度の把握、参加意識の向上、またリアルタイムでの重要なデータの収集、集計結果のランク付け、レポート作成などが簡単に行えるようになります。

MS Excel®テンプレートへのエキスポートが可能なレポート機能により参加者から収集したデータのより深い分析を可能にし、簡単にデータの共有ができるようになります。

 

商品の特徴

  • プラグ&プレイの簡単なハードウェア設定
  • Microsoft PowerPointへのアドイン
  • グラフ、カウントダウンタイマー、正解マークなどによるプレゼンテーションのカスタマイズ
  • セッション後のレポート作成機能
  • ResponseWareおよびRemotePollによる遠隔地からのレスポンスを収集 - 複数の会場をつなぐミーティング、トレーニング、講義などに最適

 

TurningPoint利用例

TurningPointは、小学校、中学校、高校、大学での授業やライブ中継を使った遠隔授業、企業での研修やイベント、クライアントへのプレゼンテーション、公聴会など様々な環境で利用されています。TurningPoint活用の可能性は無限です。

オーディエンス・レスポンス・システムのレンタル利用については、レンタルイベントをご参照ください。

 

システム要件

TurningPoint2008 4.4

  • Microsoft Windows 7、Vista、XP、32/64ビットOS
  • Office XP、2003、2007、 2010 (32 bit/64 bit)
    (Microsoft Office 2013/2016には対応していません。)
  • インテル/AMD 600 MHz 以上のプロセッサ(1GHz以上を推奨)
  • 256MBのRAM
  • 60MBのハードディスク空き容量(Microsoft.NET Framework 2.0がインストールされていない場合には、32MBの追加ハードディスク空き容量が必要)
  • 解像度1024x768以上、32ビットカラー以上
  • 標準USB 1.1/2.0ポート(USBベースのハードウェアおよびUSBシリアルアダプタ用)
  • イーサネットか互換性のある802.11ワイヤレスネットワークカード
    (ResponseWareおよびRemotePoll使用時)

 

topへ戻る ^
 

TurningPoint Toolbar

TurningPointツールバー
ここをクリックして拡大する
 
TurningPoint Screenshot
 
  © LUL Technology Pty. Limited Keepad Interactive  
Keepad footer