KEEPAD JAPAN: TurningPoint Audience Response System - ResponseCard RF
header_shadow
Keepad Interactive Japan
English Language
|
Japanese Language
 
TurningPoint ResponseCard RF LCD
     
クリッカー | 投票ソフトウェア | レスポンスデバイス | レスポンスレシーバ | TurningPointチュートリアル
 
ResponseCard RF LCD | ResponseCard RF | ResponseCard LT | ResponseCard IR | ResponseWare | PresenterCard

 

ResponseCard RF

最先端のオーディエンス・レスポンステクノロジーを利用したResponseCard RF(無線周波)は、サイズや規模にかかわらず、どのようなプレゼンテーションでもご利用いただけます。ResponseCard RFキーパッドを使えば、正確かつ迅速に、そして簡単に10人から1,000人といったグループからのレスポンスを収集できます。

ResponseCard RFキーパッドとRFレシーバは軽量の専用キャリーケースに収納できます。小さく軽いので持ち運びにとても便利ですし、ResponseCardは1台約30グラムと軽量なので輸送費も安くすみます。

製品の特長

仕様

  • 軽量、コンパクト、クレジットカードサイズ
  • サイズ: 8.38 cm(縦)x 5.33 cm(横)x 0.76 cm(厚さ)
  • 重量: 28.3グラム(電池含む)
  • 耐久性に優れたケースがResponseCardを破損から守り長くお使いいただけます

ユーザー入力

  • 12個のボタン(1/A – 0/J、GO、?)
  • キーを押すと回答は自動的に送信されます
  • 手動で新しいID番号を設定できます(数字のみ)

ディスプレイ

  • ランプの色の変化でレスポンスが受信されたかどうか確認できます。ボタンを押して回答が正しく受信されると緑色のランプが3秒間点灯します

電源&省エネルギー機能

  • ボタン型リチウム電池:CR2032(3.0V)2個
  • 通常はスリープモードでボタンが押された時のみ電源を使用
  • 電池の平均寿命は6-12か月

無線周波テクノロジー

  • 利用可能なチャンネル:近距離でも電波干渉の発生しない状態で最大82セッションまでを同時に開催できます
  • TELEC、米連邦通信人会、CEマーク、カナダ通信主管庁認可済み
  • 他の無線機器への電波干渉はありません
  • 最も信頼性があり活用範囲の広いResponseCardです
  • レシーバとの間に障害物があってもレスポンスの送信ができます

受信範囲

受信範囲はRFレシーバおよびResponseCard AnyWhereレシーバで半径約60メートル(直径約120メートル)

レシーバの互換性

ResponseCard RFキーパッドは下記ResponseCardレシーバとの互換性があります:

  • RFレシーバ
  • ResponseCard AnyWhere

 

topへ戻る ^
 

ResponseCard RF

ResponseCard RF
 
 
 
  © LUL Technology Pty. Limited Keepad Interactive  
Keepad footer