KEEPAD JAPAN: TurningPoint Audience Response System - ResponseCard IR
header_shadow
Keepad Interactive Japan
English Language
|
Japanese Language
 
TurningPoint ResponseCard IR
     
クリッカー | 投票ソフトウェア | レスポンスデバイス | レスポンスレシーバ | TurningPointチュートリアル
 
ResponseCard RF LCD | ResponseCard RF | ResponseCard LT | ResponseCard IR | ResponseWare | PresenterCard

 

ResponseCard IR

小・中規模の教室、会議室、グループ活動などでの利用に適したResponseCard IRは軽くコンパクトなので、教室間あるいは出張先への持ち運びが容易で、教員やコンサルタント、講師、研修担当者といった皆様に便利です。キーパッドとレシーバは専用のキャリーケースに収納できるので持ち運びに便利です。

PowerPointアドインソフトウェアTurningPointを利用すれば、画面上に表示されるレスポンスグリッドによってResponseCardシステムからの受信確認ができます。参加者がレスポンスの送信や変更をすると各キーパッドのIDが認識されるので、教員や講師は参加者がどの程度プレゼンテーションに参加できているのかをすぐに把握できます。

商品の特長

仕様

  • 軽量、コンパクト、クレジットカードサイズ
  • サイズ: 8.38cm(縦)x 5.33cm(横)x 0.76cm(厚さ)
  • 重量: 22.5グラム(電池を除く)、28.3グラム(電池含む)
  • 耐久性に優れたケースがResponseCardを破損から守り長くお使いいただけます

ユーザー入力

  • 12個のボタン(1/A – 0/J、GO、?)

ディスプレイ

  • LEDランプの色の変化でレスポンスが送信されことが確認できます

電源&省エネルギー機能

  • ボタン型リチウム電池:CR2032(3.0V)2個
  • 通常はスリープモードでボタンが押された時のみ電源を使用
  • 電池の平均寿命は12か月

ユーザーの特定

  • プログラムIDおよび固定IDから選択できます

赤外線テクノロジー

  • 赤外線ResponseCardはテレビのリモコンに似た赤外線通信を利用しています。 障害物がない状態であれば教室での設定や使用が簡単にできる安定したテクノロジーです。

通信範囲

  • IRレシーバ1基の受信範囲は約27.5メートルですが、複数のレシーバを使用すれば受信範囲を広げることができます。

レシーバの互換性

  • ResponseCard IRキーパッドはIRレシーバとのみ互換性があります

 

topへ戻る ^
 

ResponseCard RF & Receiver

ResponseCard IR & レシーバ
 
Infrared Receiver

赤外線レシーバ
 
  © LUL Technology Pty. Limited Keepad Interactive  
Keepad footer