KEEPAD JAPAN: FAQs - ResponseCard RF
header_shadow
Keepad Interactive
English Language
|
Japanese Language
 
Keepad Frequently Asked Questions
   
 
ResponseCard IR | ResponseCard RF | ResponseCard XR


ResponseCard RFよくある質問

印刷用バージョン Adobe Acrobat

ResponseCard RFについて皆様からよくある質問を集めました。FAQに記載されていないご質問、その他のお問い合わせ等がございましたら、お気軽にKEEPAD JAPANカスタマーサポート(06-6484-6183 / sales.jp@keepad.com)までご連絡ください。

 

  ResponseCard RF
FAQs
   
1 ResponseCard RFはどうやって使いますか?
2 ResponseCardが緑色ではなくオレンジ色に点滅します。
3 ResponseCard RFのチャンネルの設定方法を教えてください。
4 ResponseCardのライトが緑色に点灯しているのに、TurningPointでレスポンスが受信できないのはなぜですか?
5 ResponseCardが投票テストで認識されません。
6 ボタンを押してもライトが光らないのはどういった状態ですか?
7 電池の残量が少なくなっていることはどのように確認できますか?
8 ResponseCard RFはどんな電池を使いますか?
9 デバイスのID番号はどこに書かれていますか?
   
   
 
   
1 ResponseCard RFはどうやって使いますか?
 

1. 送信するボタンを押して放します。

2. レスポンスが受信されると緑色のライトが点灯します。

3. 回答は何度でも変更できます。(最後に送られたレスポンスのみカウントされます)

Topへ戻る ^

 

2 ResponseCardが緑色ではなくオレンジ色に点滅します。
   
 

正しいチャンネルに設定されていますか?

ResponseCardのチャンネルが正しくないとオレンジ色と黄色に8秒間点滅し、9秒目に赤色になります。ResponseCardのチャンネルは、必ずレシーバで設定されたチャンネルに合わせてください。デフォルトのチャンネルは41です。ResponseCard のチャンネルを41にリセットするには、Go→41→ Goの順でボタンを押してください。ResponseCardが正しく設定されるとライトは緑色になります。

プレゼンターのコンピュータで投票が開かれていますか?
質問スライドがリセットされ、TurningPointの投票が開かれた状態でないとレスポンスは受信できません。

入力デバイスの設定が[レスポンス デバイス]になっていますか?
入力デバイスの設定が[自動シミュレーション]や[キーボード キー]になっているとResponseCardからのレスポンスは受信できません。TurningPointツールバーの[ツール]右側にあるドロップダウンメニューから、入力デバイスを[レスポンス デバイス]に変更してください。

Topへ戻る ^

 

3 ResponseCard RFのチャンネルの設定方法を教えてください。
   
 

1. ResponseCardのGOボタンを押して放します。

2. ライトが赤と緑に点滅している間に素早くチャンネル番号を入力します。

3. ライトがオレンジ色に変わります。

4. すぐにGOボタンを押します。

5. ライトは緑色に変わります。

例: ResponseCardをデフォルトチャンネル41に設定する場合には、Go→41→Goと押します。

Topへ戻る ^

 

4 なぜResponseCardのライトが緑色に点灯しているのに、TurningPointでレスポンスが受信できないのですか?
   
 

ResponseCardから無効のレスポンスが送信されなかったか確認してください。たとえば、2択問題で数字の5を回答として送ることはできません。有効なレスポンスを再度送信してください。

Topへ戻る ^

 

5 ResponseCardが投票テストで認識されません。
   
 

以下についてご確認ください:

  • [テスト開始]ボタンをクリックして投票テストを開始しましたか?
  • TurningPoint AnyWhereやTestingPointといった他のTurningPointアプリケーションが開いていませんか?
    (TurningPointアプリケーションは一度にひとつしか利用できません)
  • ResponseCard RFの数字以外のボタンを押していませんか?

Topへ戻る ^

 

6 ボタンを押してもライトが光らないのはどういった状態ですか?
   
 

ResponseCardの電池が緩んでいるか、残量が少なくなっています。電池を交換する前に、電池カバーを外して電池端子を持ち上げて電池が緩んでいないかを確認してください。問題が見つからない場合は電池を交換してください。

Topへ戻る ^

7 電池の残量が少なくなっていることはどのように確認できますか?
   
 

電池の寿命は平均6-12ヶ月です。電池の残量が少なくなるとLEDが暗くなるので、お気づきになったらすぐに電池を交換することをお勧めします。

Topへ戻る ^

 

8 ResponseCard RFはどんな電池を使いますか?
   
 

ResponseCard RFには3.0Vコイン形リチウム電池2個が入っています(モデル番号CR2032)。交換用の電池は通常の電気店で購入できます。KEEPAD JAPANでは、TurningPointパスポートプログラムご加入中のお客様には割引価格での電池交換サービスを行っております。

Topへ戻る ^

 

9 デバイスのID番号はどこに書かれていますか?
   
 

デバイスのID番号は、ResponseCard裏面のバーコード下に記載されています。デバイスのID番号は6桁の文字数字か、6桁の数字です。ID番号は0-9およびA-Fのみで構成されます。(数字の0やローマ字のIを含むことはありません。)

Topへ戻る ^

 

Device ID location
 

 
 
  © LUL Technology Pty. Limited Keepad Interactive  
Keepad footer